本文へスキップ


確かな技術と自由な発想 新しいライフスタイルをご提案します

地盤改良工事の種類

○○○○○○○○イメージ

地盤改良工事の種類

大きく分けて、セメントで地盤を固める「表層改良工法」、金属の鋼管杭を打込む「鋼管杭工法」、セメントの杭を埋め込む「柱状改良工法」、柱状砕石パイルを途中に形成する、「ハイスピード工法」、の4種類があり、それぞれ地番調査結果からその土地に適した工法を採用するのが良いです。

  • ハイスピード工法」のメリット
  • メリット 1、 aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa aa
  • 地震が発生すると、従来のセメントなどによる工法では破損が起こりますが、ハイスピード工法の砕石杭は破損が起こりません。さらに地盤そのものを強化できるため共振を和らげる効果も持っています。地震では、砕石を使った地盤改良は、大きな被害は起きず、地震に対して最適とされております。
  • メリット 2、 aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa aa
  •  ドリルで掘削し、天然砕石を投入しドリル先で圧力をかけて砕石をくい込ませていくため、砕石杭が何本もでき、杭周辺が強固になります。 水平方向にも摩擦抵抗が高い砕石パイルが造られ、それを補強し地盤全体が強固になります。また自然砕石を使用しているため撤去不要で、再利用することができます。砕石杭は朽ちたり錆びたりすることなく、そのため地盤は半永久的に保たれます。
  • メリット3、 aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa aa
  •  軟弱地盤での液状化現象は避けて通れないものです。砕石パイルはそれ自体が水を通すため、地中での水圧を逃がす効果があり、何本も打込まれた杭の効果は絶大で、地震による液状化を事前に食い止めることができます。

NEWS新着情報



作業状況aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaCLICKS



見 学 会 aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaCLICKS

バナースペース

株式会社テルステック

〒134-0085
東京都江戸川区南葛西3-24-1
イセモトビル2F

TEL 03-6808-2642
FAX 03-6808-3476
E-mail genbe@tellustec.co.jp